Shallie 's blog

平和な心  https://heiwanakokoro.com

魂の視点を持つということは、全ての人にとって、重要なのではないか

 

モナド、グループソウルに出会う人は、ある時、魂のプロセスに沿って生きよう、

自分の人生を受け入れようと、覚悟を決めた人達かもしれません。

魂のプロセスとは、生まれる前に決めた自分の人生の青写真ですから、

自分の人生の全体図を俯瞰できる、人生の地図と言っても良いでしょう。

人間には、自由意志がありますので、必ずしもプロセス通りではないかもしれませんが、進化成長したい魂にとってのマイルストーンですので、全ての経験、出会った人、に意味があった、秘密があったのだと、ある時、深く納得出来るでしょう。

 

辛いことも、苦しいことも受け入れ、乗り越えてきた魂は、

苦難を乗り越える力は、自分のなかにあるという事を本当に知っている魂かもしれません。そうした魂は、ハイヤーセルフとしっかりと繋がっている場合がとても多いです。

 

私たちの魂は、生死を超えた永遠の存在です。これは、創造主の光を見ると

瞬間的にわかります。

遥か昔に、その永遠の存在から分かれた、グループソウルも

グループソウル から分かれたこの魂も、もちろん永遠の存在だと思います。

 

魂の計画、独自の経験を積んで、いつかグループソウル に帰って行きますし、

そのグループソウル もいずれ創造主に帰還する存在ですから、魂は永遠と言えます。

 

人間として生きているこの短い時間に、どれだけ経験を詰めるか、

自分の魂が、自分に課した魂の約束を果たせるか。。

自分自身に対する約束を果たして、満足して死ぬ。。。

真の意味で、魂の目的を知り、あなたの人生を輝かせて完成させる、という事です。

 

人生は目的もなく、ただ生まれて死んで、儚くて、移ろいやすくて掴み難く、虚しい

というのは明らかに間違いです。

目的を見失った魂が、彷徨い嘆いているだけです。

人生は不幸で、苦しみ、悲しみが多く、生老病死喜怒哀楽を経験するだけ、というのも、浅い見方でしょう。

また、成功や快楽や楽しみを追い求めても、本当の魂の幸せはわからないでしょう。

また、仕事や子育て、家族の幸福、豊かさ、平和を願って生きるというのも、

魂のプロセスに沿って生きている分には、十分OKですが、それは人生の一側面でしかないのです。人間の生き方には、深みや多様性があるということ、です。
 

 

それだけでは、私たちは、心の奥底で満足出来ない、満たされない事を知っています。魂は知っているのです。魂の視点を持つということは、全ての人にとって、重要なのではないでしょうか。

 

私たち存在、魂は多面体です。

深くて広い本質を貴方の中に見出してください。

 

ここまで、読んでくださった貴方が、

ご自分のグループソウル 魂の故郷と繋がって、生まれてきた目的、究極の幸せを

深く体験していただきたいと、心から願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モナド、グループソウルと繋がる 自己の本質と究極の幸福

霊的世界を見ること感じることは、難しいことではありません。

それは、自分の内面に入って、自身の光をみよう、理解しようとすることから始まります。

 

よく言われるように、既に魂は知っていることを思い出すだけですし、

誰でも深い部分では、本当はわかっていることだから、真実であり本質の部分を自分の中に見出そうとするだけで良いのだと思います。

 

そして、光を捉えた魂達は、

目に見える世界は現世(うつしよ)だとハッキリと認識するでしょう。

現世(うつしよ)とは、仮の世界ということです。

 

私達は、この世で生きることの為に、沢山の本質的でないものも経験して来たと思いますが、そうしたものについても、もう、抱えこんでいる必要が無くなります。

 

(*もう少しだけ簡単に説明しますと、人間を含めた動物や生命体は生命維持活動を行います。生存しよう、生きようと本能が活動します。取り分け、人間にとっては、親子関係、人間関係、組織や集合体、社会との関連は、生命維持の為の大きなファクターとなりますので、自分の周りに対してどう適応するか、が第一の目的となります。時には、周りの情報や環境、時代背景などに、影響されたり翻弄されて、自分の本質やありのままを忘れて、仮の人格を作ったりもしますし、本来の自分自身を見失い、混乱した人生や、喪失や絶望を経験したりもするでしょう。

そうした経験も、魂が自分の本質に向かうための前提、プロセスとして、あえて選び経験していることもあります。

また、私たちは創造主ですから、自分の思い込み、信念が現実に映し出されもします。混乱している人は、混乱する環境を作り出しますし、自分の中で矛盾や葛藤を抱えると建前と本音が錯綜したり、矛盾や葛藤を抱える現実を作りだします。人は、自分の信じているもの、見たいものを見るのです。こうした意味でもこの世は、うつしよであるとよく言ったものだと思います。)

 

 

私達は、この世で生きることの為に、沢山の本質的でないものも経験して来たと思いますが、光を捉えた魂達にとって、本質的でないものは一切重要では無くなります。 もう、そうしたものを抱えこむ必要が無くなります。

そして、急速に多くのもの、殆どの事柄に対しての、手放しが始まります。

 

 人間関係の、

 欲望の、或いは、

 生存の危機や自己保存からの依存や執着、

 そこから派生した期待や悲しみといった感情や固定観念まで

 全てが不要であることがわかります。

 

何のためにうまれて来たか自分の本質がわかると、

多くの魂は、その本質を生きるために必要なことにだけ向かい始めます。

 

同時に、それ以外の他のものに関わる事、こだわることをやめます。

この世界で果たすべき、自分のテーマや本質、やりたい事に魂が向かって行きますので、限られたこの生命の時間の中で、余計な事に気を取られたりエネルギーを使うことは、とても無意味に感じたり、苦痛にも感じるからです。

 

一方、この世界で果たすべき、自分のテーマや本質、やりたい事に魂が向かって

行動する時、或いは、やり遂げている最中、これ以上の幸せはないと

心底、感じていきます。

 

もちろん、これまでも幸福感、充足感というのは、いろいろな人生のステージ、場面、人との愛に満ちた関わりや、自然との関わりの中でも、超自然的な出来事など多くの経験をして来たでしょう。また、何が自分にとって幸福なのか、人はしばしば、考え込んだりもします。

 

しかし、究極の自己の本質を掴むと、独自のテーマや目的、やりたい事に向かって行動し専心するとき、それ自体が、究極の幸福、至福の状態だと、実感して行きます。

 

モナド、グループソウルと繋がって、貴女が貴方の本質、究極の自己を生きるとき、

魂の求める体験と感動を味わうこと、それこそが、貴方が生まれて来た目的であると

はっきりわかるのです。

 

 

 

 

モナドに繋がれない人についても、書かなくてはいけない

モナドに繋がれない人についても、書かなくてはいけませんね。

 

たまに、モナドに繋がれない人がいます。

それは、今はそのタイミングでは無いということなのですが、

具体的にどういうことか、と言いますと

まだ、沢山の経験を積む必要があるということです。

 

 

その人は、何か不満を抱えているかもしれません。

寂しくて孤独で、辛いかもしれません。

分離感の中で、猜疑心を持ったり怒りを爆発させたり

自分の理想とは違った人生を送り続けてしまうかもしれません。

何をすべきか、迷い続けるかもしれません。

 

ですが、そうした状況の中でも

その魂が、どう生きるか、どうあるか、、が鍵です。

 

誰のせいにもせず、自分を見て顧みて

何が足りないか、どんな経験が必要か

この世界のために、

周りの人の為に何ができるか

行動するか。。なのだと思います。

 

魂の学び、プロセス、課題とは、そういうものですから。

 

では、足りないのは、

忍耐でしょうか。

勇気でしょうか。

素直になることでしょうか。

甘えや依存から卒業することでしょうか。

もっと癒しのプロセスが必要でしょうか。

プライドを捨てることでしょうか。

こだわりを捨てることでしょうか。

もっと楽観的になることでしょうか。

強くなることでしょうか。

もっと、静かに貴方のハートの中の情熱に気づく必要が

あるでしょうか。

 

 

人それぞれですが、

課題の全てを、自分自身の問題と捉えることから

プロセスが始動します。

 

自分に対する変革は、いつからでもスタート可能です。

覚悟を決めて、ご自分を生きて行きましょう。

 

 

魂は常に、光の方向を求め

成長、経験、感動を求めます。

 

 

ですから、そのヒントになることであれば

いつでも、天界も私も喜んでサポートします。

 

 

 

 

 

 

 

モナドに繋がる

前回の続きを書きます。

 

 

モナドに繋がると、

モナドの暖かい光を見ます。

人によっては淡い優しいピンク色の光であったりします。

もう、十数年前ですが、私が自身のモナドの光と繋がったとき、それは無色透明でした。グループソウルによって、そのエネルギーや光は、異なる様です。

クライアントによって、その表現が違うので、大変興味深いことだと思っています。

 

 

モナドの光と 創造主の光とは明らかに違います。

創造主の光は、眩いばかり、圧倒される白です。凝縮されたエネルギー。

分厚い白いエネルギーから、周辺は 燃えている様な白いフレアも見えます。

その中心からは、白い光の柱も立っているように見えます。

 

 

モナドの光に触れると、

沢山のシャボンの様な泡に包まれることもあります。

広い海の様な大海原の中で、沢山の透明な泡を見る様なものです。

 

そして、モナドと融合した人は、いずれ、このエネルギーを使うことができる様になり

自分の魂のミッションに益々、忠実にパワフルに行動するようになります。

それは、グループソウルに繋がった明らかなサインだと思います。

 

 

モナドというのは、自分の魂の同胞です。

一緒にこの宇宙に降りて来た仲間達です。

 

この地球で、宇宙で、もしかするとこれまでたった一人で、分離の悲しみや孤独を

抱えながらも、それに耐え、さまよい、何億年も、自分の魂とは何かを探りながら

それぞれの魂の独自性(光とエネルギーの性質を)ミッションとして果たそうと果敢に頑張って来た魂達が、最後に出会う聖域、調和の故郷なのかもしれません。

 

古巣の仲間たちに出会い、癒されて、分かち合い、更に

グループソウルからの、暖かく調和の取れたサポートを常に受けながら、

パワーアップして、躍動する。

 

自分を掴んだ魂たちの、その変化と姿には、目を見張るものがあります。

 

モナドと繋がることで、自分自身をしっかりと掴むことができると

確信できる理由です。

モナドと繋がれば、あなたが、生まれて来た意味がわかるよ。

自分が生まれて来た目的を知りたい

 

なんの為に、生まれて来たかを知りたい、

 

自分の、人生の目的はなんでしょう?と言う人は沢山います。

 

自分の本質を知りたい。。。と 

 

 

で、お伝えはするのですが、

 

こちらの願いとしては、ご自分で実感していただきたいのよ、

本当は、ね。

 

 

どうすれば、ご本人が、それを実感し、掴めるか・・

 

 

その一つ、として 

 

 

 

あなたが、あなたのモナドに繋がること で、

 

実感できるんですよ。

 

圧倒的な力強さと、優しさで、理解できます。

 

 

 

で、モナドって何?って話ですが、

魂のグループ、オーバーソウル、、、などいろんな、言い回しが

あるけんね〜、

 

 

その実体、存在をきちんと見た人は、少ないので、

あまり、知られてないこともあり・・

でこれから、少しずつモナドの説明して行きますよ。

 

 

 

なぜって?

 

はい、そうです。

 

 

モナドと繋がるセッション  やります。

一泊二日の合宿形式です。次回以降、告知します。

 

 

モナドと繋がり、

モナドの記憶を癒し、

モナドとの一体感をキープしながら・・・

踊る、、、

 

 

モナドは、最後に繋がる場所とも言われています。

ぜひ、魂の故郷との繋がりを、取り戻していただきたい

 

 

そして、

 

あなたの、生まれて来た意味、を掴んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真実しか、自分は癒されない、と思っている人へ

真実には、人を癒す力がある。

 

と言うことは。

 

真実にしか、人を癒す力がない

 

真実しか、自分は癒されない、と思っている方

 

 

 

真実を、ビシバシ、伝えます。

 

 

 

中途半端なことでは、嫌です。

センセー、はっきり言ってください!!

と言うクライアントさんが、最近めっちゃ、多いので、

 

 

真実だけを見て、真実だけをお伝えします。

 

 

 

真実は、誰のことも傷つけない。

 

魂は知っている。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、自分を誤魔化してまで、そこにあなたは居ようとしてしまうのか?

 
みんな、自分を誤魔化すことには、長けているからね。
曖昧な言葉、美しい言葉、
 
 
そのうち、自分から離れて、理想や希望、妄想、幻想に逃げちゃう。
 
 
自分の本当の気持ちを
誤魔化さないと、生きていけない社会システム、親子間、教育システム
仕事のやり方に
問題があるんだけどねー 本当は。
 
そこから
気づいて、脱出して、本来の自分として生きるってことだけ
なんだけど
 
 
天界は、あらゆるチャンスを与えるから
私が、怒ることじゃないけど ・・
 
 
自分の本当の気持ちを
誤魔化さないと、生きていけない社会システム、親子間、教育システム
仕事のやり方
 
 
これに適応して、無理したり体を壊したり、または、ここにいたら
本来の自分でない
とわかったら
 
逃げていいし
離れるべきですし
当然、離脱してしかるべきなのですが、
 
感覚の鈍麻と過剰適応は、
病気の元になりえます。
 
 
ダンスワークやヒーリングやスピリチュアルなセッションでは、
逆に気づいてもらうのです。
言葉は敢えて、いらない。
 
なんで、自分を誤魔化して、そこにあなたは居ようとしてしまうのか、
 
そこを考える、見つめる
寂しさ、疎外感、恐怖、痛みがあるのか
そして、自分はどう生きたいのか
 
 
ヒーリングも、
スピリチュアルなセッションも
自由なダンスも
自分を掴むキッカケを作る場でしかない、と思っています。
 
 
その場で、全てが解決するわけでない
たまたま、タイミングで、いろいろなものを昇華できる人も
いるでしょう。。
 
変化を感じる人もいるでしょう、
 
ですが、相当自分を見つめてきた人でないと、
その時に劇的に何かが起こる
と言うわけではありません。
 
天界も、それを目指しているわけでは
ないのです。
 
 
さらなる、可能性は明らかにあります。
 
新しい可能性を探って行きましょう
 
自分を掴む
自分を見つめるキッカケを掴む
自分はどうしたいのか、考える気づくキッカケ
 
 
何もチャクラが開いたり
オーラが変化したり
何かが起こったりと言うことが、目的ではありません。
 
むしろ、
目的を手放してみるのです。
 
 
私も含めて、協力しますし、
天界も応援してます。